☆ 山登り・ペット・日々の事を徒然なるままに・・(=^・^=)・・・今年も宜しくお願い致します・・(^^♪

カテゴリ:登山( 231 )

立田山散策

早朝から連れ合いさんはGOへ行き、娘は仕事らしい。
あまりに天気が良いので、金峰山に孫を誘って行こうと思ったら
子供会のクリスマス会だった。
じゃあ、立田山を久しぶりに歩こうかと、お昼前から出かけました。
何度か歩いてるのに、あまり理解出来てない私。
一応、頂上を目指す事に。いっぱいルートはあるけど
歩いたコースを選んだ。
途中、珍しい事に誰にも会わず、頂上からお祭り広場へ
下る途中でも、会わなかった。
お祭り広場では親子連れやご夫婦、単独の人に会った。
ウロウロ歩いて、車まで戻るのに???
ま!あっちへ歩いたら分かるだろうと、適当に歩く。
f0357487_2243246.jpg
f0357487_22435276.jpg

ヤブコウジュの多い所だ
f0357487_2244918.jpg
f0357487_2245263.jpg

この鳥は何かしら、ルリビタキのメスだそうです。子猫さんありがとう。
f0357487_2246962.jpg
f0357487_22462477.jpg

ジョウビタキのメス
f0357487_22472288.jpg

モズ
f0357487_22474851.jpg
f0357487_2248650.jpg

帰りのコンビニでこんなおじさんグループが。
定年した爺さんばかりだけど、楽しかよ~と。
ブログアップは了解得てます。
f0357487_2249844.jpg
f0357487_22505441.jpg

長野は町内で餅つきだったとか。
そう言えば、餅つきは禁止とか言ってたけど、何処もやってる見たい。

f0357487_23071972.jpg

終わってから、諏訪湖に行って来たと。
夏は水草におおわれてたけど、今は綺麗に見えます。
f0357487_23072004.jpg





..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-12-11 22:53 | 登山 | Comments(6)

白岩山にガゴが岩屋を探しに。

i師匠さんから、何度か聞いていたガゴ
が岩屋。ガゴとは修験者の事。
私も同行させて頂く事に。
ゴボウ畑から登り始めたが、木々の葉は落ちてしまい見通しが良いので、快適だ。
師匠さんは、白岩山岩峰近くから、下ったそうですが、鹿ネットと、崩落崖が危険と
言う事で手前に派生した尾根を下る事になりました。

いつものゴボウ畑から登り始めましたが、葉が落ちて見通しの良い事が!
f0357487_21444500.jpg

遠くの山はクッキリでした。
f0357487_21485714.jpg

派生した尾根を下って行きます。
f0357487_2205583.jpg

アバウトに下ります。
f0357487_2232970.jpg

f0357487_10320425.jpg

崩落個所が見えてます。白岩山から見える崩落個所のひとつかな。
f0357487_2242568.jpg

踏み跡もテープもないので通れそうな木の隙間を通りますが
石楠花の隙間などを通るので帽子、ザックをひっかけてばかり。
f0357487_226550.jpg

f0357487_2264365.jpg

白岩山の岩峰が見えます。
f0357487_2273996.jpg
f0357487_228612.jpg

f0357487_2283349.jpg

このあたりに岩屋があったはずとの師匠さんの説明で
全員バラバラで探す事にしました。
あった~!との師匠さんの声。
やはり、あるのは岸壁しか考えられないですね。
f0357487_22114027.jpg

中は結構~広かった。
f0357487_22131245.jpg

ここから崖をトラバース。歩き難い事が!
ザラザラして足場が決まらない。
f0357487_2243086.jpg

怖いので四つん這いの私。
落ちない様後ろからサポートも。
f0357487_10320611.jpg

f0357487_2258662.jpg

イケマの種子が多かった。
f0357487_2303893.jpg

この辺りは石灰岩なので山芍薬が多い
f0357487_2312456.jpg

足の長い蜘蛛
f0357487_232106.jpg
f0357487_2371571.jpg

岩屋みたいな洞穴はここにも。
f0357487_238248.jpg
f0357487_2385931.jpg

ここは一人なら寝れそう
f0357487_2393559.jpg

ここの岩屋はよじ登ります。
ロープが設置してありました。
f0357487_23105877.jpg

ロープにつかまり下ります。
f0357487_2312717.jpg

f0357487_23145035.jpg

化石の森は次回!と、言う事で右の谷を進みます。
f0357487_2316531.jpg

f0357487_23172840.jpg

メンノツラみたいだと坂井さん
f0357487_23183325.jpg

ここでお昼タイム。
その後、登れそうな所から激登り。
f0357487_23193286.jpg

途中の杉の枯れ葉の下にミヤマウズラが・・。
f0357487_23232490.jpg

喘ぎ喘ぎしてやっと!尾根に到着。
f0357487_23243639.jpg

化石の森は諦めて帰ることに。
この尾根は広くて歩きやすい。
f0357487_23324856.jpg

でも、元気を使い果たしたのできつい、きつい!
f0357487_23341555.jpg

f0357487_2335878.jpg

朝のルートに合流
f0357487_23353369.jpg

向坂山
f0357487_23361798.jpg

普賢岳も見えて
f0357487_2337823.jpg

ゴボウ畑着。
f0357487_23375010.jpg

f0357487_10320928.jpg

f0357487_18414979.jpg


何が大変かって、谷から尾根に無理やり登るのが、バテバテになるほどきつかった。
どのルートもテープ、踏み跡はなく
師匠がアバウトに進む後ろをついて行くのみ。
単独はお勧めじゃないコースでした。
by rindou02 | 2016-12-03 00:05 | 登山 | Comments(6)

九重マニアックな山、湯沢台周回

馬しゃんと黒岳に登った時、次は向こうに見える山を歩こうと、お誘いあり。
朝5時に迎えに来て頂いた、ありがとうね。
大津、長者原、飯田高原で待ち合わせして
吉部に駐車。
吉部〜暮雨の滝〜見晴らしの丘〜雨が池〜
見晴らしの丘〜ニセ湯沢台〜上湯沢台〜湯沢台
〜吉部登山口。
およそ15キロ、8時間かかったかな。
藪にピークが多く、仲間がいないととても~迷う難しいコースでした。
GPSログは必携でしょ。

ブログにアップした画像は村田さん、小野さんのFacebookから拝借したのもあります。
ログは坂井さんfacebookより拝借。
f0357487_22442797.jpg

吉部の300円に駐車。後で100円にしとけばと後悔。
f0357487_2250264.jpg


f0357487_23461037.jpg

暮雨コースから登り始めましたが、数年ぶりのこのコースは
急登続きで荒れてたんですね。
f0357487_2303892.jpg

f0357487_23461098.jpg

急登の途中にツチグリがありました。
f0357487_2323683.jpg

暮雨の滝
f0357487_233596.jpg
f0357487_2345467.jpg

ここから取りつきます。
f0357487_2364516.jpg

藪を登ります。今日は良い天気。
f0357487_23094889.jpg

雨が池が見えます。
f0357487_23171474.jpg

三俣も白くなってます。
f0357487_23185999.jpg

平治も
f0357487_23203368.jpg

見晴らしの丘
f0357487_23214316.jpg
f0357487_23571066.jpg

ここから雨が池に下りました。
f0357487_23255169.jpg
f0357487_23261423.jpg

ここで早めのお昼
f0357487_23523234.jpg

踏み跡を探して適当に登って、見晴らしの丘を目指します。
白いアミガサダケ、ヨレヨレだったけど。
f0357487_16334563.jpg

f0357487_16374724.jpg

過去は湿原だったのかも。こんな草原が数か所あります。
f0357487_1640764.jpg
f0357487_1641748.jpg

f0357487_1937184.jpg
f0357487_1938398.jpg

ミヤマキリシマ
f0357487_1938497.jpg
f0357487_1939332.jpg
f0357487_1940920.jpg
f0357487_19404851.jpg

f0357487_20533263.jpg


ヌタ場です、イノシシの足跡も。
f0357487_19442672.jpg

テンニンソウの群生地、既に枯れ花ですが・・。
f0357487_19493475.jpg

f0357487_19512159.jpg

f0357487_19502220.jpg

名無しのピークを一旦下り、次のピークへ。
次は上湯沢台でした。
f0357487_19522678.jpg

f0357487_23461004.jpg


f0357487_18352285.jpg

f0357487_2052035.jpg
f0357487_20101319.jpg
f0357487_20103988.jpg

f0357487_20231664.jpg
f0357487_20234364.jpg

仲が良いご夫妻です。
f0357487_2026142.jpg

うろうろ探してやっと!湯沢台着。
f0357487_20265663.jpg

f0357487_20563993.jpg

f0357487_20563944.jpg

モノレールの跡、何を運んだのかしら。
f0357487_20273457.jpg

f0357487_20295076.jpg

やっとここまで来ました、後は林道を歩くだけ。
でも、結構~遠いです。
f0357487_2031152.jpg

f0357487_20312959.jpg

朽ち果てたジープ
f0357487_2032125.jpg

モノレールの小屋
f0357487_2033084.jpg

ネットで見たらここから登り下りするようですね。
f0357487_20393879.jpg

f0357487_20401338.jpg
f0357487_20405953.jpg

f0357487_23461107.jpg

最後に、馬しゃんの挨拶で閉め、終了。お疲れ様でした。
f0357487_20411823.jpg

by rindou02 | 2016-11-28 18:33 | 登山 | Comments(12)

九重中岳に樹氷を期待して。

f0357487_22432744.jpg

facebookで九重が初冠雪!と。
じゃあ、行かなくちゃと出かけて行きましたが
残念、ミルクロードの途中から見た阿蘇も、近づいて行く九重も
全然!白くない。
やはり、も少し冷え込まないと霧氷、樹氷は期待出来ませんね。
朝の牧の戸は車が少なかった。
f0357487_22214817.jpg

第二展望所の横の岩場から登ってみた。
f0357487_2223231.jpg

f0357487_22252399.jpg

星生山に人影が一人だけ見えました、少ないなあ。
f0357487_2225574.jpg

雪が残ってた。
f0357487_22273964.jpg
f0357487_22282762.jpg
f0357487_2229468.jpg

御池の水は豊富ですが、生き物はいない。
f0357487_2230476.jpg

f0357487_22324178.jpg
f0357487_22333943.jpg

朝駆け登山から降りる途中のいーさんに会いましたが
中岳には樹氷が残ってたとかで、直で来ました。
少し残ってました。
f0357487_22365880.jpg
f0357487_22373988.jpg
f0357487_2239796.jpg

坊がつるも人がいないようです。
f0357487_2240188.jpg
f0357487_22412722.jpg

ここでお昼、残り物の弁当です。
f0357487_22441549.jpg
f0357487_22444836.jpg

写真を撮ってもらった。
f0357487_22454191.jpg

帰りは南側へ。こんなロープ場があったっけ?忘れてた。
f0357487_2248138.jpg
f0357487_2249712.jpg
f0357487_22493912.jpg

ここから坊がつるへは通行は控えるように
書いてあるけど、一人の男性が下って行きました。
自己責任ではありますが・・・。
f0357487_22535916.jpg
f0357487_22544669.jpg

f0357487_22551183.jpg
f0357487_22553063.jpg

つらら
f0357487_2256464.jpg

この大岩、動いてました。危険テープが付けてあります。
f0357487_22574410.jpg

今朝は外西さん、次はT&Mさんに会いましたが
二人とも樹氷狙いだったようです。
いーさんは朝駆けだったとか。




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-26 23:04 | 登山 | Comments(4)

男池~バリエーションルート~天狗~黒嶽荘

今日(15日)は、馬しゃん、馬しゃん山友さんの板浦さん、iさんとリンドウの4人で
黒岳バリエーションルート(風の通り道)から天狗、上峠ルートから黒嶽荘までを
歩いてきました。
風さんが整備したルートなので風の通り道と呼んでます。

ロングなので、馬しゃんが朝3時半に迎えに来てくれ、男池登山口に7時集合。
紅葉は下の方にはまだ残ってましたが、山は既に終わり冬枯れの装い。
天狗への直登コースは岩が多く穴が空いてる所も多い。
天狗岩を右側にまくコースで登り上がりましたが
岩を簡単に上がれない私、最大の難所は板浦さん、馬しゃん持参のカラビナ、シュリング、ザイルを
装着して頂き、登り降りをクリアでした。
f0357487_22115148.jpg

天狗、今水へのルートの分岐を見過ごしたのでは?と
引き返し、再度!まだ先だった・・・などで30分はロスしたようです。
f0357487_22335631.jpg

7:08 ドウダンツツジが真っ赤でした。
左の女性も綺麗?
f0357487_22492161.jpg

男池のゲートから進みます。
f0357487_23295422.jpg

f0357487_22501075.jpg

f0357487_2251219.jpg
f0357487_2253773.jpg

馬しゃん、石にテープを設置中。
f0357487_22561477.jpg

これも地震で転げ落ちた石です。
f0357487_22573626.jpg

9:08 急登が続きますが、地震で落ちた岩が木をなぎ倒し、迂回が増えてます。
f0357487_2301624.jpg

由布岳がクッキリ見えてます。今日は素晴らしい快晴ですからね。
f0357487_23142567.jpg

前岳も良く見えます。
f0357487_23152659.jpg

男性二人は健脚ですから、私達女性は置いてきぼりばかり。
馬しゃんが速過ぎよ~~に、止まってはくれますが
直ぐ!離されます。008.gif070.gif
f0357487_23191576.jpg

右側に平治、三俣などが見えてます。
f0357487_232379.jpg

10:02 高塚、前岳の縦走路まで上がりました。
f0357487_2324648.jpg

ここから高塚方面へ向かいますが、アップダウンや岩場があります。
先まで進んで、天狗の分岐がない!で、引き返し。
でも、結局!まだ先だった~~で、元に戻り進みました。
30分はロスしたかな。
f0357487_2334469.jpg

天狗が見える尾根でランチタイム。
いつもここがお約束の場所になってますね。
f0357487_23361417.jpg

天狗に向かいます。
f0357487_23495279.jpg

ここから一旦下ります。歩き難い事が!
よくもまあ~こんな所にルートを付けましたね。
f0357487_23395681.jpg

f0357487_2341580.jpg

f0357487_23432434.jpg

岩と岩の隙間があるので用心!用心!
f0357487_23444073.jpg

岩場で笑顔の馬しゃん
f0357487_2341547.jpg

天狗の右側に回って、大岩をあがりますが
上がれない私は、馬しゃん、板浦さん持参のシュリング、カラビナ、ザイルに
繋がれてサポートして登り上がりました。
下りも同じく、iさんが先に降り、下からもサポートして貰いクリア。
f0357487_23474954.jpg

f0357487_23482924.jpg
f0357487_23502887.jpg

13:10 もう~天狗の岩に上がる事はないと言ってたiさん
一番に上がりました。
f0357487_23505249.jpg

天狗から下って行きます。
f0357487_2042437.jpg
f0357487_20422072.jpg

今水方面へ大岩の所まで下ります。
f0357487_20435818.jpg

大岩から左折。
f0357487_20444971.jpg

ここからが結構~ロング。
岩や倒木はありますが、急登がないので楽ではあります。
f0357487_20451625.jpg

f0357487_20471664.jpg

ここら辺りは過去に歩いてるので見知った風景にほっとです。
f0357487_20482097.jpg
f0357487_20485712.jpg

f0357487_20495823.jpg
f0357487_20502878.jpg

黒嶽荘には石楠花、ミツバツツジが狂い咲きしてました。
f0357487_205159100.jpg

このコース、前岳に下るより楽でした。
やはり上峠コースが平坦ですからね。




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-16 21:52 | 登山 | Comments(6)

金峰山で足慣らしと、芸能祭

朝から山に行くつもりで準備してたけど、主人が先にGOへ行ったし
実家に電話したりしてたら、遅くなりすっかりやる気が削がれてしまった。
でも、せっかく準備してるし、じゃあ金峰山に行こうに。
地震後初めての登山でした。
朝からの電話で、午後は幸田公民館で御幸の芸能祭があるから
見に来て!と、お誘いあり。
で、金峰山登山は下から登らず、いつもの場所から出発。
f0357487_2052561.jpg

f0357487_21255689.jpg

この山は紅葉する木がすくないけど所々で綺麗なのもあった。
f0357487_20533929.jpg

f0357487_2132038.jpg

f0357487_2134822.jpg

ヤマガラさんが殻ピーナッツを欲しいと寄って来ます。
あいにく、私は持参してません。
バターピー、塩ピーは絶対!あげてはダメ。死んじゃいます。

f0357487_2172584.jpg

登山道にホトトギスが咲いてた、ビックリ!
f0357487_2184813.jpg

f0357487_2117566.jpg

ヤクシソウ
f0357487_2110656.jpg

シマカンギクは多かった。
f0357487_21105361.jpg

フユノハナワラビかな?
f0357487_21114066.jpg

ボロギク
f0357487_21144945.jpg

ワンちゃんはお昼寝中でした。
f0357487_2116490.jpg

お賽銭をあげてお参りしました。
f0357487_21164871.jpg

セッコク?
f0357487_21172239.jpg

ヤブコウジ
f0357487_2119088.jpg
f0357487_2120922.jpg

芸能祭です。
f0357487_21241136.jpg

f0357487_21242487.jpg

f0357487_21251196.jpg




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-13 21:26 | 登山 | Comments(6)

馬子岳周回(11月6日)

まだ未踏だからと、行きたがってた馬しゃんから
お誘い受け、馬子岳に行って来ました。
先日、5人の登山者の遭難事例があったばかりですが
最強のi師匠、分さんのお二人がおられるので不安はない。
早立ちが基本だからと、馬しゃんが朝4時半に迎えに来てくれました。
感謝!
佐俣の湯で分さんの車にお世話になり、内大臣へ。
前回、分さんが馬子岳に登られた時は、内大臣林道は崩落の為
1時間半~2時間くらい歩かれたそうですが
先日の遭難のニュースを見てたら、登山口あたりに車が数台停まってるのが
見れたので、もしかしたら?通行可能?と、期待してたら
やはり、通行が出来ました。
でも、瓦礫の山が両側に積まれ、それが延々続くと
恐怖しか感じない。
帰りに崩落してきたら、私たちは林道泊まり??
f0357487_22304156.jpg


分さん、登山ルートと連絡先を書いてフロント(内側)に置いてます。
個人情報ではありますが、もしもの時は警察、消防の情報獲得に役立ち
救助活動の手助けに役立つはず。
f0357487_2220251.jpg

登山口へは少し引き返し。小松神社近くの登山口からは私は3回目になります。
f0357487_22213244.jpg

新道コースから登り始めます。
今回の遭難でジグザグ登って行きますが、踏み跡がクッキリになった?
以前、降りた時はぼんやりだったけど・・。
f0357487_22231582.jpg

一個目の橋、前回丸太橋で滑った馬しゃん、用心しながらです。
f0357487_2225697.jpg

2個目の橋は楽々。
f0357487_22274580.jpg

分岐まで来ました。
f0357487_22282338.jpg

ここから急登が始まります。
f0357487_22355736.jpg

岩峰の山ですから、岩登り状態が続きます。
ここは一度下ってますが、良く降りれたなあ~。
f0357487_22362310.jpg
f0357487_22402664.jpg

本当はさっさと登る分さんですが、私達に合わせてくれます。
f0357487_2242066.jpg
f0357487_22423111.jpg

馬子岳はヒカゲツツジの宝庫です。
f0357487_22432881.jpg

f0357487_2246079.jpg
f0357487_22515054.jpg

頂上です、やはり!新道コースからは近いです。
ここは目丸側から2回来てるので5回目です。
f0357487_22521166.jpg

f0357487_2312116.jpg


途中の縦走路から鮎の瀬大橋が見えた。
f0357487_22534815.jpg

倒木が多く、時々方向が分りづらい、乗り越えたり潜ったりで体力使います。
方向を見極め進みます。
西内谷へ下れる谷まで来ました。
f0357487_22584956.jpg

数年前来た時、youさんが勝手に名付けたyou水場ですが
この日も水が出てました。染み出た水が流れて・・源流の一つですかね。
f0357487_2311527.jpg

まだ早い時間なので目丸まで行けましたが
あまりにここが気持ちいいのでゆっくり早めのお昼。
それに遭難があったばかりだし、早めに下るべきと、決まりました。
f0357487_23478.jpg

数年前登って来た分岐にiさんがテープを付けていたので
そこから下りました。
私も涸れた谷と岩峰の根元を歩いたのは記憶あり。
作業小屋も。
f0357487_238487.jpg
f0357487_23121641.jpg
f0357487_2313770.jpg

iさんでないとルート取りは難しいです。
f0357487_23173968.jpg

岩壁の下を歩きます。
f0357487_23185397.jpg

クライマーの馬しゃん、チャレンジ中。
f0357487_23193866.jpg

タカネマンネングサ
f0357487_23202293.jpg

このあたりの岩峰でマムシが日向ぼっこ中でした。
分さんの悲鳴でiさん、撮影に駆けつけ。005.gif
f0357487_232501.jpg

作業小屋は以前に比べ劣化してましたが
まだ立ってました。
f0357487_23263073.jpg

f0357487_2038266.jpg

炭焼き窯の跡
f0357487_20391100.jpg

f0357487_2040574.jpg
f0357487_20403225.jpg
f0357487_2040574.jpg

森林鉄道の跡まで降りました。
f0357487_2042517.jpg
f0357487_20423111.jpg

鉄道の跡を暫く歩きます。
f0357487_20433936.jpg

セッコク?
f0357487_20441176.jpg
f0357487_20444141.jpg




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-07 22:30 | 登山 | Comments(2)

高房山(宮崎県(337.3m)

前々から一度は見たいと思っていたヤッコソウ。
行きませんか!の、お誘いがあり
やっと、見に行く事が出来ました。
綺麗とは言えないですが、なんともユニークで珍しい形をしてます。
f0357487_22163329.jpg

ヤッコソウはイタジイと言う大木の根元に発生するそうです。
f0357487_22201445.jpg

f0357487_22205437.jpg
f0357487_22325584.jpg
f0357487_2242383.jpg
f0357487_22435588.jpg
f0357487_22452225.jpg

ツチトリモチがあちこちに出てました。
f0357487_224842100.jpg

石塔、文化、明治と彫ってあります、歴史が古い。
f0357487_22574653.jpg

ツルコウジが沢山あった、撮りそこなったので、ネットから頂きました。
f0357487_22511647.jpg

頂上は整備されてなくて、あまり登る人がいない雰囲気。
f0357487_22532495.jpg

アサギマダラがいました。
f0357487_2254586.jpg

下りは群生地の看板がある方を歩きましたが
下の方は結構~荒れてました。
低山ながらアップダウンがあり、中々歩き甲斐のある山でした。




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-03 22:34 | 登山 | Comments(4)

ごかんしょ、山々フェスタ2日目

2日目は天領庵に集合して、マイクロバスなどに乗り
ウエノウチ谷登山口へ。
昨日の若いメンバーは日帰りで、この日だけの参加もありました。
参加者は41名だったとか。
ここから白鳥~北西尾根~以前登った川口林道ではなく
作業道に降りました。
登山口で連山バスに遭遇。国見岳に行くつもりが間違えたそうでした。
熊本ではなく鹿児島のシェルパだったと、後から知りました。
この日で遭難して4日目の鹿児島の男性の捜索があってると
ファイヤーマンさんが話された事で、遭難者が無事発見されたと。
マタロク谷に入った100m地点だったとか。
北西尾根を歩いてた時、連絡が入り、皆で良かった~と
喜び合いました。

私の班(iさんリーダー)のメンバーの一部です。
今日は道迷いはしないぞ!と、絆が深い。
f0357487_22315563.jpg
f0357487_223493.jpg

f0357487_2254056.jpg


この日はこの辺りまで沢に水がなくて、渡渉の苦労はなし。
f0357487_2255566.jpg

f0357487_22592066.jpg
f0357487_230313.jpg

あすなろの葉、ヒノキにそっくりです。
f0357487_2324579.jpg

マユミの紅葉
f0357487_2341633.jpg

サワフタギの藍色の実
f0357487_2355839.jpg
f0357487_2371348.jpg

山姥シスターズ?なんて言われてます。
f0357487_2374658.jpg

樅木山荘の弁当を食べ、北西尾根に向かいます。
f0357487_23101313.jpg
f0357487_23114531.jpg
f0357487_23121429.jpg

交代で入浴中(*^-^*)
f0357487_23124145.jpg

皆のアイドル、おばばさん。イチイの大木はおよそ!6m近くあるとか。
f0357487_23144932.jpg
f0357487_23162100.jpg
f0357487_23174239.jpg

ヤドリギも多かった。
f0357487_2318136.jpg

ヌタバ、水が多いです。
f0357487_23194274.jpg
f0357487_23203519.jpg

やっと、作業道近くまで降りて来ました。
以前はなかった伐採が行われてました。
f0357487_2323139.jpg
f0357487_23244711.jpg


天領庵で集合していたら、国見岳の遭難者を乗せた
救急車、消防車、警察の車が通ったので、皆で拍手しました。
その後、第八小学校でDr、ヘリで運ばれたとか。
この日は岩宇土でも20名の道迷いがあり、それも無事!解決だったと。
これだけの人に迷惑と心配をかけるのですから、用心用心!です。
f0357487_23301824.jpg





..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-11-01 23:30 | 登山 | Comments(2)

ごかんしょ、山々フェスタ。一日目

一日目は朝4時に馬しゃんが迎えに来てくれ
樅木山荘に6時半集合。
日本杉峠は霧が発生して、恐怖でしたが、馬しゃんが
安全運転してくれて、無事通過でした。
山女魚荘のマイクロバスで集合場所の佐倉荘へ。

Misihanさんの挨拶、ファイヤーマンさんの説明後、平家山登山口へ向かいました。
f0357487_233839100.jpg

f0357487_16433847.jpg

最初の渡渉、サポートでクリア。
以前は丸太が1本でしたが、水害で壊れ、その後火事のために
整備してありましたが、また壊れてます。
f0357487_16515286.jpg

2個目の沢は楽です。私は丸太は使わず
石を飛んだ。
馬しゃん、丸太で滑って足が抜けず、丸太を動かし脱出でした。
f0357487_1658861.jpg

急登が続きます。
f0357487_1659181.jpg

f0357487_216056.jpg
f0357487_2165536.jpg

頂上近くも火事の跡が・・・。
f0357487_218434.jpg

平家山は頂上らしくない。ここは6回目くらいかな。
f0357487_21102669.jpg

キイロスッポンダケ、画像はMishanさんより拝借。
過去に平家山の登りで数本見てます。
f0357487_21231277.jpg

f0357487_21113245.jpg
f0357487_21245997.jpg

f0357487_2138032.jpg

f0357487_21253635.jpg
f0357487_21401019.jpg

長い列が続きます、なんたって44名の大所帯ですから。
f0357487_21405570.jpg

夫婦山の頂上です。
f0357487_21434454.jpg
f0357487_21451870.jpg

この赤い実は何??
f0357487_21471332.jpg

南平家へ向かうコースも気持ち良いです。
f0357487_21523682.jpg
f0357487_2153978.jpg

五家宮へ向かいます。
偽ピークが続きますが、皆で歩くと早かった。
f0357487_21573042.jpg
f0357487_21575457.jpg
f0357487_21582820.jpg
f0357487_2159240.jpg

ウードヤまでは濃い藪が待ってますが
佐倉荘のご主人がこの日の為に伐採して頂いたとか、有難い!
f0357487_2204827.jpg

ウードヤからの激下りは、滑るので結構~時間がかかった。
その後、私達の班はコースを間違え、登り返しになり
30分のロス。
でも、無線持参されてたので小野さんに連絡入れ
無事、樅木山荘の上の林道に到着。
以前、登った時は泉第八小学校の側からでした。




..... Ads by Excite .....
by rindou02 | 2016-10-31 23:39 | 登山 | Comments(0)


山登りとペットと日々の備忘録


by rindou02

プロフィールを見る
画像一覧

☆☆☆☆

メモ帳

  HPも宜しく!


カテゴリ

全体
登山

日常
スキン関係
Jtrim
画像編集
PC関係
youtube
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新の記事

京の丈~雁俣山縦走。23日
at 2017-04-24 23:22
仰烏帽子に花を探して
at 2017-04-22 22:17
阿蘇に花を探してウロウロ。
at 2017-04-19 23:40

お気に入りブログ

旅人の散歩道
ぶつぶつ独り言2(うちの...
リンドウの徒然日記
デジカメ写真集 NO2
気まぐれ散歩
ばーさんがじーさんに作る食卓
ひまわりの一日の出来事
kuukoの一日
気ままにデジカメ散歩
JTrimで加工
くらしの日記
ローリングウエスト(^-...
元気ばばの青春日記 気持...
ときままのひとりごと
山が呼んでる
山馬鹿日記
信ちゃんの美夜古たより
himawariの一日の...
ひとひらmemo
ブロ友パソコン相談室
チャコの日常生活
子猫の迷い道Ⅱ
トムジーのつぶやき3
阿蘇望亭の「気ままなブログ」
元気ばばの青春日記 気持...
ma~ii~kaのらくがき帳
ひまわりの一日の出来事 その2
ビューティフル69
太極拳を楽しもう会
KSN健康ゴルフ
twinklekanak...

最新のコメント

阿蘇望亭様 仰烏帽子は..
by rindou02 at 22:10
カギコメ様 コミヤマカ..
by rindou02 at 22:08
仰烏帽子の花探訪、収穫が..
by asobotei at 20:27
カギコメ様 コメント入..
by rindou02 at 21:15
翁草・・・猫だけの下で見..
by tomiete3 at 21:31

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

動物・ペット
登山

画像一覧